保健師 昇給

保健師の昇給はあるのか?

保健師としての種類としては、行政保健師、産業保健師、学校保健師と3つに大別することができますが、それぞれの給与形態はどうなっているのでしょうか。

 

産業保健師であれば、企業の中でも特殊な部類に属していると言えるでしょう。産業保健師の場合であれば、その企業の規模によってもまちまちであるということは周知の事実でしょう。産業保健師の給与水準はまちまちであり、基本的には社内規程に準じた報酬になっているということが一般的にですね。平均してみると、年収は450万円から700万円と、かなり大きな幅があると言われています。

 

昇給に関しても社内規程に準じている場合が多いですから、それもまちまちと言えるでしょう。一般の保健師の平均年収は、400万円から500万円と言われていますから、かなり水準よりも高い給与水準であると言えるでしょう。

 

ちなみに契約社員やパート社員などの場合には、時給換算になると思います。こういった場合には保健師の時給は2000円以上というのが、相場のようですね。上限でも2200円ですから、2000円を基準に前後するというのが一般的な産業保健師の時給であると言えるでしょう。

 

学校保健師の場合にであれば、最初に言ってしまうと年収的には、平均で、400万円から600万円というところが相場としてあるようです。ただし小中高を対象としている養護教諭という立場と、大学での学校保健師という職業では当然のごとく年収にも差が出てきます。また私立大学であるのか、国公立大学であるのかによっても、その給与に差がでてくることは間違いありません。それぞれに差は出てきますが、学校の教職員の給与水準に合わされるというのが一般的なんですよね。昇給に関しても、他の教職員の水準に合わせて、条件を満たしていれば昇給することになりますから、覚えておきましょう。

 

行政保健師の場合は、公務員になりますから、公務員の給与水準と同様になります。昇給に関しても、他の公務員と同様になりますから、それを頭に入れておきましょう。平均でいうと470万円前後というのが一般的な給与水準になります。保健師の資格条件として、看護師の資格を持っているのは当然のことになりますから、当然にそれよりも高いということも考えられますが、新卒の初任給を比べると、何気に低めであると言えるんですよね。基本給は19万円前後です。しかしそれを加味しても、その他の手当や、公務員という安定性を考えた場合には、かなり大きなメリットであるともいえるでしょうね。

保健師求人サイト人気ランキング