長野県 保健師採用

長野県の保健師採用

長野県の保健師採用事情はどういった感じなのでしょうか。基本的に長野県の保健師の求人は、行政保健師に限定してみると、採用が決定した後、健康福祉課などの県庁の各課などに配属されたり、市や県などの保健福祉事務所等で労働をすることになることがほとんどでしょう。

 

保健師の仕事内容は、精神保健や、難病等に関する相談業務をこなすこと。また特定検診後の保健指導であったり、家庭訪問による相談や様子の確認。また育児指導まで多岐に渡ります。

 

一般的に採用者の人数は、その年で変わってきますが、大体5名程度というところがほとんどです。数字を見て少ないなと感じる保健師さんも大勢にいらっしゃるでしょう。しかし他の都道府県と比較しても、倍近い数字なのです。つまりは行政保健師への採用は、長野県は何気に積極的に行なっている県であると言えるのですよ。他県に比べ、保健師の採用はされやすい県と言えるのです。

 

採用試験は、教養試験であったり、専門試験、論文と個別面談。そして適性試験を受け、それにパスをすると、晴れて行政保健師としての生活がスタートするわけです。新卒での保健師の採用の場合には、大学卒で20万円前後というのが平均的な給与になります。一般の新卒公務員の初給与よりも若干高めの給与水準であると言えるでしょう。

 

また公務員特有の手当がプラスされていきます。通勤手当や住居手当、そして時間外勤務手当に、勤勉手当に期末手当なんてものも支給されます。これらの手当をプラスされれば、充分に生活をすることができるレベルの給与水準であるといえるのではないでしょうか。これにプラスして年に2回のボーナスが支給されるわけですから、トータル面で見てみると、中小企業などで働く産業保健師よりも随分待遇面では良いということが言えるのではないでしょうか。

 

ここで注意すべき点としては、これだけ待遇面がよく、公務員という安定した職業であるわけですから、かなり人気が高く、競争率が高いということが予想できるんですね。つまりは数々のライバルの中から勝ち抜いていく必要があるということです。

 

そこで知りたいのは採用ポイントですよね。当然のことながら、看護師から保健師へという転職志望の人間もいれば、新卒の保健師が試験を受けることも考えられるのですよ。それぞれにメリットがありデメリットがある。どういった特徴を持っている人間が採用されやすいのか。こういったものは転職支援サイトなどに尋ねてみるというのも、一つのアクションではないでしょうか。

保健師求人サイト人気ランキング