男性保健師 就職

男性保健師に人気の就職先

保健師と看護師は、以前は保健婦、看護婦と呼ばれていたように、女性が就く職業だったのですが、法改正で看護師、保健師と名称を変更して男性でも資格が与えられるようになりました。男性保健師は1994年に保健師国家試験で初めて誕生し、毎年微増ながら男性保健師が増え、最近の有資格者は全体の1割弱になっています。

 

男性保健師の就業場所としては圧倒的に地方自治体が多く、約半分が各自治体の採用試験を受けて、行政保健師となっているようです。

 

また、全体の1割弱が保健所にも就職していますので、男性保健師は約6割が公務員として働いているということになります。
ただ、行政保健師以外でも男性保健師がいると助かると言った場面も出てくる可能性がある職場も存在しているということです。

 

例えば男性が多い企業などの産業保健師は、当然男性に健康相談を行うことになりますので、同姓の男性が保健師として入ることにより、悩んでいることなどを相談しやすいというような事例もあります。

 

特に女性の場合でメンタルケアが必要になったときは、身近な友達などに相談することで解決する場合が多いですが、男性の場合は、なかなか人に相談できないということがよく見られます。精神的に追い込まれていくことがないようにするためにも、特に男性社員にはメンタルヘルス分野の取り組みは重要になっており、その役割を男性保健師が担える可能性が高いのです。

 

このように行政以外でも男性保健師を必要としているところもありますので、諦めずに求人を探すというのも大切になってきます。一方、男性保健師が希望する職場を聞いた場合、希望する職場以上に募集があるかどうかを調べるだけでも大変であったという状態が多く見られます。

 

保健師の求人は男女問わず少ないので、タイミングを逃すと、求人がなかったり、募集が終了していたりという経験をした人もいるのではないでしょうか。このような事態にならないためにも、保健師の求人をチェックするときは、転職支援サービスを活用するのも1つの方法です。

 

転職支援サービスでは、登録して希望条件を提出すれば、それに見合った保健師求人をピックアップしてもらえるというメリットがあります。特に他の男性保健師のいる職場で働きたい、男性保健師が必要としている職場で働きたいなどの細かい条件も、転職支援サイトであれば調べてもらうこともできます。このようなサイトは無料で利用できますので、活用しながら保健師としての就職や転職を有利に進めていくと良いかもしれません。

保健師求人サイト人気ランキング