保健師 求人

専門転職サイトに登録して有利な転職を!

保健師求人 -医療関係従事者のための求人プラザ-へのご訪問ありがとうございます。保険師の就職先は80%が行政機関である現状を考えると、求人枠もおのずと狭き門になります。さらに自分の希望も満たしたところとなると、なかなか簡単にはいきませんよね。

 

そこで、ご紹介したのが専門転職サイトです。ハローワークなどに提供されない非公開求人を多く取り扱っているのも魅力ですが、専任コンサルタントがマンツーマンで転職活動をサポートしてくれるので、保険師の転職活動にはぜひ押さえておきたい注目のサービスです。

保健師求人サイト人気ランキング

保健師求人探しのポイント

保健師での他の業種でも、転職活動の形態が変わってきていますよね。インターネットの転職サイトの登場。これによって、随分変わってきたと言えるでしょうね。情報の更新が早いということもあるし、紙面で見るよりも明らかに情報量は多いということが言えるでしょう。ただしそれでもホームページに掲載されている情報だけでは、満足できず、より詳しい情報というのを知りたいと思う転職希望者も多いことでしょう。

 

こういった声を聞いて、転職支援サイトの多くは、多くの企業を一箇所の会場に集め、定期的に就職・転職フェアなどを行なっていることが多いんですよね。保健師の場合には、もちろん医療関係や福祉関係の転職フェアに参加することになるでしょう。保健師の求人は、看護師と比較した場合に、圧倒的にその求人数が少ないと言われています。ですから、単独で就職・転職フェアが開催されることはまずないんですよね。

 

就職・転職フェアに参加したからといって、保健師の求人に確実に出会えるかといえば、そうではないと言わざるを得ませんが、それでも利用する価値は確実にありますよ。自分が希望するような保健師の転職先がもしもあった場合には、たとえばその企業であったり、医療機関などの採用担当者と直接話を聞ける機会に恵まれることになるからです。これはとてつもなく大きなアドバンテージになることでしょう。自分の顔を売るというアクションにもつながりますからね。

 

転職支援サイトを利用している人間の多くは、ホームページ上の情報や、キャリアコンサルタントの紹介ばかりをただ閲覧したり、まったりしているというスタイルが多いものですが、こういった就職・転職フェアは定期的に開催されているものですから、直接募集をかけているような企業や医療機関などの採用担当者と話を聞くという機会を設けるのは、とても大事な転職活動と言えるのです。

 

転職支援サイトに存在しているキャリアコンサルタントの方々も、情報をかなり持ってはいるものの、それはあなたが目指す転職先の採用担当者ではありませんからね。やはりどういった人材を求めているのか、どういった仕事の内容であるのかを、より細かく聞くことができるのです。これは転職活動を進めていく上で、とても大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

 

医療系の転職希望者の中には、在職中で忙しいという人間も多いのですが、時間を見つけては、こういったフェアなどに参加するというアクションも転職成功のコツであると言えるのです。

保健師の求人事情について

保健師は、主に保健所や保健センターなどの健康に関わる施設で勤務し、健康増進や地域の住民の病気予防のために、いろいろな保健活動を行っています。保健師は生まれた赤ちゃんからお年寄り、障害のある方や妊婦さんなど、あらゆる人が対象となっていますので、幅広い知識とコミュニケーション能力が必要です。

 

また、乳幼児の健診や生活習慣病などの健診をはじめとして、予防接種や育児相談、介護保険、メンタルヘルスなどあらゆる問題に対処していかなければなりません。
時には個別に家庭を訪問して高齢者や障害のある方、妊婦さん、乳児などの相談を受けることも多いでしょう。

 

保健師は看護師の資格がなければ取得ができない資格ですが、看護師と違うのは、病気を治療する補助という役割よりも、病気そのものを予防するというのが大きな違いになっています。
保健師の求人としては地域の住民に対して相談や指導を行う保健センターなどで働く人が、保健師として勤務している人の約半分を占めているといわれています。

 

また、特定の病気や障害のある人などの相談や対策を行う保健所は、約3割ほどと続き、これらの職員はほとんどが公務員ですので、保健師の仕事としては大きなウエイトを占めているといえます。
保健センターや保健所で働きたい場合は、当然公務員試験を受験しなければなりませんので、採用枠も少なく、公務員としての就職はしっかり時間をかけて対策をしていかなければ、難しいのが現状です。

 

それ以外にも健診センターを持つ病院や、企業の健康管理部門、大学や保育園などの学校、介護福祉関連施設などでも保健師が活躍しています。
企業内の保健師やその他の勤務先も、保健師としての募集は少なく、就職は難しいようです。

 

ただ、保健師の資格自体は予防医学という観点から注目され、さまざまな場所で活躍が期待されている職業ですので、保健師への就職そのものを諦める必要はありません。

 

看護師でも良いなら別ですが、保健師として活躍したいという場合は、求人情報を逃さずキャッチして、就職や転職にこぎつけるというのが一番の近道になります。求人情報をいち早く知るには、ハローワークなどの求人情報が思い浮かびますが、ハローワークには保健師の求人はそれほど多くが載っていません。

 

特に休日出勤や残業などがなく、比較的好条件の求人は、転職支援サイトなどに非公開求人として抑えている場合が多いようです。転職支援サイトに登録すれば、無料でこのような求人閲覧することができ、実際に応募することもできますので、上手に活用していくことも大切になってきます。